止めて蹴ること

スポンサードリンク

止めて蹴ること

まず1つめの「止めて蹴る」についてです。

 

「止めて蹴る」、つまりはトラップとキックのことを指します。
これができないと、そもそもフットサルができません。笑

 

フットサルは足でパスやシュートをするスポーツです。
が、人間は主に手を使って生活していますよね。
足を器用に使って生活するという文化はありません。
そのため、基本的に足は不器用です。
だからこそ、足で行なうトラップとキックの練習が欠かせないのです。

 

 

【PR】
『サッカー&フットサルのトッププレーヤーになるための基礎トレーニング』 〜世界のトッププレーヤー達はフットサルから学んでいた〜 【FAF0001】

 

 

参考→フットサルのコツ

 

 

”できる” にもいろいろあります。
弱いパスだったら蹴れる・止められる
強いパスが蹴れる・止められる
しっかり狙ったコースに蹴れる・止められる

 

・・・などなど、精度を上げるという意味では、いくらでも上達することが可能なのです。
なので、基礎はやればやった分だけ上手くなります。
これはアタマで考える以上に、実際に体を動かして練習した回数がモノを言います。

 

 

また、ちょっと高度な話になってきますが、、
パス練習ひとつ見ても、その選手の意識の高い・低いが分かります。
ちゃんと基礎の重要性を理解して、意識してパス練習しているかどうか?
が、わかってしまうんです。
上手い下手ではなく、意識の差ですね。
同じ回数練習したとしても、結果はまるで違ってきてしまうのです。

 

 

各々の選手が、自ら目的意識や目標を持って基礎練習に取り組めることが理想ですが、
実際にそういう選手は稀でしょう。
この部分に対しては、男子も女子も同じですが、
比べればやはり、女子の方が目的意識が低い傾向にあります。

 

何のための練習なのか?

 

を自分で考えることが苦手な女子は多いものです。
故に、練習することが目的になってしまいがちです。

 

練習ではあんなに上手いのに、試合になると練習したことを活かせない
という状況、多くありませんか?

 

 

 

 

話を戻しますが、、、
基礎練習を軽んじてはいけません。
経験者といえど、基礎練習をやらずに戦術練習ばかりでは、チーム力は上がっていきません。

 

味方の選手がどういう蹴り方でどういうパスを出すのか?
どの範囲までトラップできるのか?
そういった細かい部分を、選手同士が理解していないと、試合での微妙なパスミスが起こりやすくなるのです。
競技系のチームなら、これはとても致命的なことです。

 

ですから、普段のパス練習も、気を抜かずに、目的意識を持って取り組むべきです。

 

このことを、チームの指導者はしっかりと認識すべきだと思います。

 

スポンサードリンク

止めて蹴ること関連ページ

動きの意味を理解させる
サッカーとフットサルは全く異なるスポーツ。 女子と男子も異なる生き物。 男子の指導者はたくさんいるけど、女子の指導者は少ない。女子には女子への教え方があるんです!

スポンサードリンク

Amazonおススメ本・DVD